皮膚トラブルでお悩みの貴方に。ハウスダストや花粉等に含まれるアレル物質を吸着するアレルキャッチャーAD

ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

アレルギーの話って最近よく聞くんですが、どのくらいの人がいるのでしょうか?

2003年の厚生労働省の保険福祉動向調査によれば、なんと日本人の約1/3が何らかのアレルギー症状を訴えているとも報告されています。

毎日お掃除して清潔にしているんで、うちは大丈夫だと思いますが?

最近では、マンション等の気密性の高い住宅が主流です。これは省エネに優れていますが、部屋干しやプライバシーの面から換気が不十分となり、湿度がこもりやすくなっています。
さらに家族やペットの毛やフケ、床や家具の上のほこりは家具のすきまなどにたまりやすく、ダニやカビが発生しやすくなります。窓を開けて換気すると、湿気が飛ぶ一方で自動車の排気ガスや花粉がお部屋に侵入します。私たちのまわりには、目に見えない「よごれ」が意外にたくさん潜んでいます。

ダニや花粉・ハウスダストを掃除すれば大丈夫ですか?

案外知られていないことですが、実はアレル物質の大きさはダニのフンや死骸の1万分の1というナノレベルです。
ダニのフンや死骸が東京ドーム(直径約200m)ぐらいの大きさとすると、ダニアレル物質は1円玉(直径約 2cm)です。お部屋の中の死骸やダニを掃除したつもりでもアレル物質の飛散が起ってしまいます。

アレルキャッチャーADはどこがいいのですか?

アレルキャッチャーADは、フタロシアニンを使用した商品だからアレル物質を 吸着できるのです。アレルキャッチャーAD商品は、ハウスダスト・花粉等に含まれるアレル物質(アレルギー誘引物質)を繊維上で吸着することにより皮膚トラブルの原因を除去します。また、直接お肌に触れる商品だから、医薬品の安全検査機関で高い安全性を確認しています。

「JST」や「委託開発」って、なんですか?

JST(科学技術振興機構)とは、文部科学省の外郭団体である独立行政法人です。
国民経済上重要な新技術の開発を、大学と民間企業に委託して必要な開発費を国が出資して実用化を目指すことが主な役割です。信州大学とダイワボウノイ(株)は、このJSTから2002年にこの機能性繊維というテーマの開発委託を受けました。2006年5月には、 JSTがこの成果を発表し(以下のWEBでも公表)、当社にも問合せが殺到。製品化が期待されました。JSTの成果発表はこちらをご覧下さい。
http://www.jst.go.jp/pr/info/info293/index.html

アレルキャッチャーAD商品を使ってみたいのですが?

ご注文のご案内」をご覧ください。
カタログをご希望のお客様は、弊社にお電話かファックスでご連絡下さい。
TEL 03-4332-8228  FAX 03-4332-8239
このページTOPへ